スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「羽ペン」の書き方

こんにちわ~、姫です。

今日は少し趣向を変えて私の落書を一つ…

のけもの姫作「羽ペン」w
hanepen12.jpg

この「羽ペン」は他のGIMPみたいなフリーソフトでも応用が利きそうなFireworksで作成しました。


といわけで、のけもの姫風、「羽ペンの書き方」を紹介します♪

hanepen01.jpg

冒頭の画像とは少し違いますが、上図の羽ペンは下記のパーツで構成されています。
※見え難い画像は背景を黒くしていますが、実際は同じ背景色です。

1、ベース
hanepen02.jpg
芯(ペン先)の部分は適当に書いて消しゴムで削って整えただけです。
羽の部分は…
ランダム系のブラシツールを使って何となく羽っぽい形を大きめに書きます。(ほんとに何となくでOK)
※白色、薄い灰色、濃い灰色で書いておくのがコツ。
はみ出した部分や余分な部分を消しゴムで削って羽の形に近づけます。
最後に、指先ツールを使って毛羽立ちを作って羽らしく仕上げます。


2、影
hanepen03.jpg
1で作成した画像を複製して、明度や彩度を下げ、ぼかしを入れた後、透明度を調節して影っぽくします。
透明度の調節で影っぽくするのがポイント。


3、芯部分の光
hanepen04.jpg
適当に光らせたい部分に白を書いて、ぼかしておきます。


4、羽の色
hanepen05.jpg
羽部分に一回り小さな羽っぽい形を書いて、好きな色に変更してぼかし、透明度を設定してベースになじませます。
※パスツールで書けるなら、フィルタのぼかしじゃなくて、パスのエッジをぼかす方法を使いましょう。後から好きな色に変更できるようになります。

5、羽部分の光
hanepen06.jpg
ここも同様、適当に光らせたい部分に白を書いて、ぼかせばOK。
※この画像は丁度「芯」の延長線上に書いてます。



パーツは以上です。


これらのパーツが、セルを重ね合わせるようにして一枚の画像になっています。
hanepen10.jpg



2で影に透明度の設定をしましたが、それがここから生きてきます。
下記画像を見比べてみてください。

hanepen07.jpghanepen01.jpg

左の画像は、影を最背面に設置した画像。
※最背面 2→1→3→4→5 最前面

右の画像はベースを最背面に設置し、影をその上にかぶせた画像。
※最背面 1→2→3→4→5 最前面

基本的には左の画像みたいに影を一番後ろに配置しますが、今回のパーツ構成だと光部分があるにも関わらず、ベースとなる画像の影部分が無いので不自然になります。

影に透明度を設定した理由は、私が面倒だったので少しでも簡単且つ綺麗に見せるためで、ベース画像の上に透明度を設定した影を重ねることで、「ベースの影(下図赤線で囲った部分)」を表現して自然な感じに仕上げています。

※1と2だけで構成した画像。
hanepen09.jpghanepen08.jpg

もっと手の込んだ画像になってくると、こんなにうまくいきませんけど…
こういうシンプルな画像だと、下手に自分で影を書くより自然な仕上がりになります。





もう一手間かけるのが惜しくない人は…
下記のような画像を用意して最背面に設置すれば冒頭の画像になります。
hanepen11.jpg
この画像は、2で作成した画像を複製し、透明度の設定を解除してから彩度や明度を調整し、ぼかした後にサイズを少しだけ小さくしています。

Copyright © ちょwwwのけものオンライン? All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
ninja tools ゲームブログランキング FC2 Blog Ranking
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。